2018年06月05日

玉ねぎ畑

図書館の横に大きな大きな玉ねぎ畑がありました。



玉ねぎは土の下にできるのに、こんなに背の高い立派な茎(?)、花(?)をひろげるんですね。
先日、「わたしは、玉ねぎアレルギーなんです。あ、食べる玉ねぎは平気なんですけど」
という人に出会いました。
「アレルゲンはこれかな?」などと考えながら見事な畑にしばし見とれました。


さあ、夕方の授業の準備をしなきゃ!
今日はどんな話をしてくれるかな?  


Posted by Let's study together at 15:23Comments(0)

2018年06月03日

「修行」と「修業」

先日楽しく読んだ「60歳からの外国語修行」
何となく、違和感があったんですが、間違いなく「修行」となっています。



筆者は「翻訳家、エッセイスト」ということでもちろんプロ中のプロですから
間違えるはずはありません。

もともとは「修行」は仏教用語から派生した「悟りを求めて実行する行い」であり、
「修業」は「学問や技芸を修めるために努力すること」



なるほど、「修行」には「技芸などを磨き練って自己を鍛えること」という意味があるんですね。
「磨く」ことより「自己を鍛える」ことが目標。そんなニュアンスでのタイトルなんでしょうか?

さらに、私の場合は「自己を鍛える」ことを「楽しむ」
「修行」にも「修業」にも「楽しむ」の言葉はありませんが
「楽しむ」ことこそ、努力を続ける原動力だと思います。  


Posted by Let's study together at 22:18Comments(0)

2018年06月02日

八掛の色を楽しむ

また一枚仕上げました。
今年の夏は暑さ知らず、日替わりでシルクのブラウスで過ごせそうです。



限られた布地で、なかなかデザインのバリエーションをつけることができませんが、
それぞれの色合いと肌ざわりが何とも言えません。

惜しむらくは、洗濯のたびに少しずつ色落ちしていきそうなこと。
夏物ですから、汗をかいたらすぐに水洗いしたくなります。
大事に手洗いして陰干しようと思います。  


Posted by Let's study together at 22:00Comments(0)

2018年06月01日

¿Qué hora es? ノベラ

「60歳からの外国語修業」楽しく読み終えました。
紹介されているノベラというのも、早速「ググって」みました。



大きな声ではとても言えないけれど、
NHKのラジオ講座をもう6年も聴いています。
それでも話すどころか聞き取りさえ難しい。

「何のために?」のない学習はほんとに身につきません。
でも、楽しければいいじゃないですか!

ああ、数年前、成田空港のカフェでたまたま横に座った女性に話しかけてみたら
メキシコ人だったことがあったなぁ・・・
彼女のカタコトの日本語を誉め、私のカタコトのスペイン語を誉めてもらったっけ。
楽しかったなぁ。

また今週も、着物リメイクしながら 
ラジオ講座「まいにちスペイン語」を聴いています。
  


Posted by Let's study together at 23:42Comments(0)

2018年05月30日

「劇画的」?小説

今年の本屋大賞受賞のニュースを見て、
すぐに図書館に予約した「かかみの孤城」は1か月で順番が回ってきました。


こういうのを「劇画的」というんでしょうか、面白くてわずか5日で読んでしまい
次に待っている人がたくさんいるので、返却してきました。

職場でなかなか共通の話題が持てない若い子と、
「この本、面白いですか?ちょっと気になっていたんです。」
「うん、なかなか面白いよ。特にラストがすばらしい!」と盛り上がりました。

彼女は早速購入したようです。
どんな感想が聞けるか楽しみです。  


Posted by Let's study together at 22:05Comments(0)

2018年05月29日

「60歳からの外国語修行」

今日、楽天ブックスから届き、もう半分くらい読みました。
面白い!面白い!ik_94ik_94



スカイプ友達が教えてくれました。彼女も本の虫face02



「語学留学」かぁ・・・・
そんな勇気はないナァ・・・・
でも、あと数年して仕事を全部やめて時間ができたら・・・・

ははは・・・・60歳をはるかに超えてしまいますね。  


Posted by Let's study together at 23:05Comments(0)

2018年05月29日

八掛ブラウス

絹のブラウスなんて、贅沢です。
さらりとして、暑さ知らず。



八掛というのは、どれも必ず54センチくらいの長さしかなく、
ブラウス にするには少し丈が短く苦労します。
あれこれ挑戦中です。



今日は夕方中間テストを終えた子供達の授業があります。
もう返してもらってるかな?
ちゃんとできたかな?
ドキドキです。  


Posted by Let's study together at 11:31Comments(0)

2018年05月25日

京都みやげ「古都かぐや」

職場でいただきました。



なんておしゃれなパッケージでしょうicon06
個包装の箱もそうですが、竹林の美しさが清々しい
あーー、こんなのを外国の友達にプレゼントしたいなぁ。


「よもぎの香り豊かなもっちりとした焼皮で粒あんをくるくると包みました。」
美味しそうですが、賞味期限は「6月2日」外国の友達には送れませんね。
私の明日の「読書の友」にしますik_21





  


Posted by Let's study together at 22:06Comments(0)

2018年05月22日

ふわっとブラウス

完成間近icon22

ウエストの部分をゆるくしぼってみようか、袖口にゴムを入れてみようか
思案中です。




ほどいて一度洗濯したとき、かなり紫の色が出ましたから
これからも洗うたびに色が変わってくるでしょう。
その変化もまた楽しみです。


さらに、これからがまたリメイクの醍醐味です。
一枚仕上げたあとの残った生地をどう生かすか、
ああでもない、こうでもない・・・
これまで出番がなかった残り生地とはぎ合わせるのはどうか・・・
無駄なく使い切ったときの達成感は格別ですik_94
  


Posted by Let's study together at 23:01Comments(2)

2018年05月19日

「かがみの孤城」

やった!もう順番が回ってきました。
4月10日に「2018年本屋大賞」のニュースを見かけてすぐに予約しておきました。
さて、面白いかな・・・・・





先週の土曜日に昨年の本屋大賞の「蜜蜂と遠雷」を手にして、
こんなぶあつい本を果たして2週間で読み切れるだろうかと思いましたが、
ピアノの「ピ」の字も知らない私なのに1週間もしないうちに読み終えました。
何が面白かったんだろうと思いますが、やっぱり面白かったです(笑)

今回も500ページを超える長編、次に待っている人が28人もいます。
スラスラ楽しめるといいな。
  


Posted by Let's study together at 18:57Comments(4)

2018年05月17日

リ・リメイク???

迷っています。
2年ほど前、羽織をほどいてリメイクしたのですが
衿の大仰な感じがどうも気に入らずに、一度も袖を通していません。



思い切って着てみるべきか?
衿だけ外してやり直すべきか?

せっかく完成しているんですが・・・・
着なきゃ意味がありませんよね。
  


Posted by Let's study together at 23:21Comments(2)

2018年05月16日

"KOYASAN"へ

残念なことに、アメリカから友達とやってきて大阪に滞在したWayneさんと
とうとう会えませんでした。

今日は私が薦めた高野山へ行ったそうです。
「こうやさんはきにいりましたか?」の問いに、
「はい!青青でした。」の返事。
いいなぁface05





時々チャットする友達ですが、会えなくてもなんかとても身近に感じた一週間でした。
Wayneさん自身はフライトアテンダントですから、よく日本にやってきます。
またいつか会う機会もあるでしょう。

まだまだ人生は長い、楽しみにすることが一つ増えました。

  


Posted by Let's study together at 22:27Comments(0)

2018年05月15日

残り生地でベスト

一枚の着物から、数年前にスカート・ベスト、そしてこのまえ、ワイドパンツを作りました。



さらに残ったわずかな生地をつないでベストの完成。
残り生地をパズルのように組み合わせるのはまた違う楽しみがあります。

面白いことに、こうやってできたものが一番着やすく重宝することがよくあります。  


Posted by Let's study together at 21:26Comments(0)

2018年05月14日

頑張らねば!

目標をもって頑張っている子供たちのレベルがどんどん上がっていく・・・・



基礎から一緒に学んできた時はただ楽しいだけでした。
これまで正直なところ、ポイントを確認するだけで時間をかけての予習は不要。
でも、これから一緒にたたかっていくような覚悟が必要とされてきました。

そのうち、私を大きく超えて自分でスラスラ解き始めるでしょう。
今度は私が子供たちから学ぶ番です。
もう少しの間、老朽化してきた頭を使ってみようと思っています。  


Posted by Let's study together at 23:42Comments(0)

2018年05月13日

海遊館

大雨の中、孫と一緒に行ってきました。







もとはと言えば、今朝はやく大阪に滞在しているWayneさんが
"kyo kaiyuukan ni ikimasu"ってメッセージをくれたから。
その後、なぜか連絡が取れなくなってしまいました。
「海遊館かぁ、いいなぁ。」と思い、万が一にもすれちがうかもしれないし、
途中で連絡が取れるかもしれない・・・・
まずは動いてみよう!

というわけで、孫を誘って出かけました。
予想通り、すごく混んでいて「偶然出会う!」なんてありえないこと。
でも楽しかった!また行きたいです。


  


Posted by Let's study together at 23:09Comments(0)

2018年05月12日

「蜜蜂と遠雷」

2度目のチャンスが回ってきました。
2か月ほど前いったん手にしましたが、
図書館に予約して長く待っていた本が一度に何冊も取り置きになり
期限内に読み切れずにいったん返却して再予約していました。



今度こそ!と思っていますが、なんせ500ページを超える大作です。
2週間で読み切れるかな・・・



Skype授業の準備、予習も気になりながら、読書を楽しんでいます。


今日はイタリアのカレンとSkypeチャットする日。
今日借りてきた本について、懸命に英語で説明してみました。

「養蜂家」=bee keeper
「神童」=prodigy
「オーディション」=competition

などなど教えてもらいました。
ある程度の単語を覚えていても、話すのは難しいです。

これまで5年以上、私が日本語の先生でしたが、
今はカレンが私の英語の先生になってくれています。
文法や単語を知っているだけでは話せません。
話せなければ楽しめませんよね。
ますます頑張ろうと思います。
  


Posted by Let's study together at 22:58Comments(0)

2018年05月11日

洗ってみました

昨日頑張ってほどいた着物を洗濯機の手洗いコースで洗いました。
取り出して、え?びっくり!ほどいた時と全然色合いが違います。



逆にいい感じに染まったかもik_94
白と紫のコントラストが強すぎたのが緩和されました。
これなら思い切ってTブラウスでも作ってみようかな。

それにしても、昔の日本人はずいぶん派手なおしゃれもしたんですねぇ。  


Posted by Let's study together at 21:50Comments(2)

2018年05月10日

子から親へのプレゼント

娘がこんな写真を見せてくれました。



なんと・・・・感激です。
教えるわけでもないのに、こうやってちゃんと言葉で親孝行してくれます。

その昔、私もこんなプレゼントを子供たちからもらいました。
そして、その子供たちがまた自分の子供たちから受け取る・・・・


亡くなった両親にたいした親孝行もできなかったなぁと思うことがありますが、
こうやって脈々と受け継がれていく愛情で十分なのかもしれません。
  


Posted by Let's study together at 22:25Comments(0)

2018年05月10日

ほどいてみよう!

ええええ?と思うほど奇抜な色柄ですが、
なんとも心地よい絹の手触りface05



とにかくこのままでは何に使いようもありませんから解くことにします。
いいお天気で洗えばサッと気持ちよく乾くと思います。

NHKのラジオ番組「まいにちスペイン語」を聴きながらの作業は
時間を忘れてはかどります。  


Posted by Let's study together at 16:39Comments(0)

2018年05月09日

Wayneさん

昨夜もう寝ようかという時間になってskypeにWayneさんからメッセージが入りました。




しばしおしゃべり。
今週末から大阪に滞在するようです。
友達と一緒のようですが、どこかでちょっとでも会えるといいなとわくわくしています。  


Posted by Let's study together at 22:35Comments(0)