2018年05月30日

「劇画的」?小説

今年の本屋大賞受賞のニュースを見て、
すぐに図書館に予約した「かかみの孤城」は1か月で順番が回ってきました。


こういうのを「劇画的」というんでしょうか、面白くてわずか5日で読んでしまい
次に待っている人がたくさんいるので、返却してきました。

職場でなかなか共通の話題が持てない若い子と、
「この本、面白いですか?ちょっと気になっていたんです。」
「うん、なかなか面白いよ。特にラストがすばらしい!」と盛り上がりました。

彼女は早速購入したようです。
どんな感想が聞けるか楽しみです。


Posted by Let's study together at 22:05│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。